5か月児離乳食教室

情報発信元:健康課

5か月児離乳食教室のお知らせです。

身体計測と健康状態を確認し、お子様に応じた離乳食の進め方(目安量、食品の選択、組み合わせ、料理方法等)について、管理栄養士または保健師が、これからの乳幼児の成長発達や離乳の進行や育児について支援します。
*【開催日】については、関連書類「こども健康カレンダー」で確認してください。
*対象となるお子さんには、開催3週間前までに個別通知(相談票同封)を行います。案内通知が来ない場合は福光保健センターまで連絡してください。

離乳食動画はこちら

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
下記は、過去に掲載したものです。教室の流れ等、参考にご覧ください。

今回は、5~6か月の赤ちゃんとお母さんやご家族の方、13組が参加されました。
まずは、身体計測を行い赤ちゃんの成長を確認しました。
その後、2つのグループに分かれて歯科・保健・栄養のお話を聞きました。

歯科衛生士から「むし歯予防のお話~歯磨きはじめの一歩~」
dscn3628 dscn3631

保健師から「発達の確認、生活リズムについてのお話」
dscn3626 dscn3632

管理栄養士から「離乳食の基本や進め方のお話」
dscn3633

なんと★すこやかファイルを開いて、大切な内容はメモを取りながら耳を傾けておられました。

~離乳食の試食タイム~
保護者が赤ちゃんの気持ちになって5~6か月ごろ、7~8か月ごろの離乳食7種類を試食しました。赤ちゃんの発達のペースに応じて変わっていく食材の種類や形態、固さなどを実際に確認しました。
dscn3634

最後に、母子健康手帳をお返ししながら、不安や心配なことなどを個別に伺います。
教室終了後は、同じ月齢のお子さんをもつお母さん同士、日頃の様子などについて情報交換をしておられました。

赤ちゃんにとって離乳食は食の自立への第一歩!生後5か月頃から離乳食完了までの約1年間、いろんな食品が食べられるように食体験し、赤ちゃんの消化吸収する力に合わせて離乳食をすすめていくことが大切です。赤ちゃんが健やかに成長し、離乳食が好きになるためのポイントはお母さんの表情です!赤ちゃんはお母さんの表情を見て、声を聴いていますので、笑顔で優しく声をかけてあげましょう。

会場

福光保健センター

対象者

5~6か月児

受付時間

9:30~10:10

持ち物

母子健康手帳
相談票

なんとすこやかタウン ログイン