不妊治療費助成

情報発信元:健康課

平成30年度南砺市不妊治療費助成制度のお知らせ

子どもをもつことを希望し不妊治療を受けておられる夫婦に対し、その治療に要した費用の一部を1年(年度)につき上限30万円を限度として助成します。

【対象となる治療】
・特定不妊治療(体外受精、顕微受精)
・一般不妊治療(タイミング療法・人工授精等)
・男性不妊治療(精巣生検等)
・治療を伴う検査(不妊症スクリーニング検査、精液検査等)

【対象となる夫婦の要件】
・婚姻届を提出している夫婦であること
・日本国内の医療機関において医師による不妊治療を行なっていること
・助成を受けようとする治療の開始日において妻の年齢が43歳未満であること
・申請日において、夫婦のどちらかが市に引き続き1年以上居住していること
・国民健康保険法、健康保険法その他の規定による医療保険法の被保険者であること
・助成を受けようとする者および同一世帯家族が市税を滞納していないこと

【助成対象期間】
4月から翌年3月までの年度を1年とします

【申請に必要な書類など】
・不妊治療費助成金交付申請書兼請求書(様式第1号)
・不妊治療費医療機関受診証明書(様式第2号)
・領収書の原本、明細書がある場合は明細書の原本
・夫婦の健康保険証の写し
・印鑑
・振込口座の分かる通帳もしくはカードの写し
・戸籍抄本(新規申請の場合または夫婦が同一世帯にない場合に限る)
*富山県特定不妊治療費助成を受けた方は富山県特定不妊治療費助成決定通知書及び富山県特定不妊治療費助成事業受診証明書の写しも提出してください。
*富山県男性不妊治療費助成を受けた方は、県に提出した受診証明書の写しと助成承認決定通知書も提出してください。
*対象となる夫婦の条件を確認するために、上記以外の書類を追加で提出していただくことがあります。

【申請期限】
治療が終了した日の属する年度の末日までとします。
治療終了後はできるだけ速やかに申請してください。
今年度治療している方で年度の末日(今年度は平成31年3月29日)までに申請できない場合は、福光保健センターへご連絡ください。

【申請場所】 福光保健センター

受付時間

午前8時30分~午後5時15分

なんとすこやかタウン ログイン