まだまだ気を抜けない! 新型コロナウイルス感染症

情報発信元:健康課福光保健センター

手洗い!重要 新型コロナウイルス感染症

●新型コロナウイルス感染症

県内では、5月26日現在の累計感染者数は227例となっています。感染者数は3月下旬から4月17週をピークに増加しましたが、5月以降は減少傾向にあります。5月18日に2例の感染者が報告された以降は新規感染者の報告はありません。

県内における緊急事態宣言は5月14日に解除されました。今後の感染状況に応じて、夜間の外出自粛や施設の休業等の活動規制の緩和が判断される見込みです。しかし、外出自粛や活動規制の緩和に伴い、感染が再燃する可能性が指摘されています。今後も、人との距離を保つことで接触機会を減らすこと、マスクの着用、手洗いなどの手指衛生、3密の回避(①密閉、②密集、③密接)等の感染対策を心がけることが重要です。

新型コロナウイルス感染症の初期症状は発熱、咽頭痛、咳など通常のかぜ症状と同様です。しかし、かぜと比較して、体のだるさが強く、その症状が長く続きます。また、しばしば肺炎を起こすのが特徴です。発熱等のかぜ症状のある方は自宅で療養・待機してください。症状が続く場合は帰国者・接触者相談センターに相談の上、指定された医療機関を受診しましょう。強いだるさ、息苦しさ、高熱(38.0℃以上)等があり肺炎が疑われる方、高齢者や基礎疾患等がある方は重症化することがあるため、早めにご相談下さい。

「帰国者・接触者相談センター」等にご相談いただく目安

・息苦しさ(呼吸困難)、強いだるさ(倦怠感)、高熱等の強い症状のいずれかがある場合
・重症化しやすい方(※)で、発熱や咳などの比較的軽い風邪の症状がある場合
※高齢者、糖尿病、心不全、呼吸器疾患等の基礎疾患がある方や透析を受けている方、免疫抑制剤や抗がん剤等を用いている方
・上記以外の方で発熱や咳など比較的軽い風邪の症状が続く場合

富山県感染症情報センター

1833893

なんとすこやかタウン ログイン
南砺市 地域包括医療ケア部 健康課 保健センター