インフルエンザに注意!

情報発信元:健康課 保健センター

感染症対策の基本は、「手洗い」と「せきエチケット」です。

●しっかり手洗い、きちんとマスク

今週、県内のインフルエンザ報告数は定点医療機関あたり5.33人となり、先週(10.00)から減少しました。インフルエンザによる学級閉鎖等の措置は2月12日現在、140件(保育所・幼稚園10件、小学校118件、中学校11件、その他1件)報告されています。

引き続き感染予防及び感染拡大防止のため、手洗い、せきエチケットなど、個人でできる予防対策の徹底をお願いします。

●お子さんがインフルエンザにかかったら一人にしないで!

インフルエンザと診断されたら、少なくとも2日間はお子さんが一人にならないよう配慮してください。
抗インフルエンザウイルス薬を服用していなくても異常行動(例:急に走り出す、部屋から飛び出そうとする、ウロウロするなど)が現れるおそれがあります。
自宅安静中はお子さんが容易に住居外に飛び出さないように、
・玄関や窓の鍵を確実に閉めること
・ベランダに面していない部屋で療養させる
・できる限り1階で療養させる
など工夫してください。

なお、登園・登校の再開については、在籍している保育園・幼稚園・学校にご確認ください。

 

厚生労働省 インフルエンザQ&A

富山県感染症情報センターインフルエンザについて

なんとすこやかタウン ログイン
南砺市 地域包括医療ケア部 健康課 保健センター