乳児ボツリヌス症について

情報発信元:健康課保健センター

~1歳未満の乳児にはちみつを与えないでください。~

平成29年3月に東京都で、はちみつの摂取が原因と推定される乳児ボツリヌス症による死亡事例がありました。

乳児ボツリヌス症は1歳未満の乳児に特有の疾病で、はちみつの中に乳児ボツリヌス症の原因となるボツリヌス菌が混入している場合があり、これを乳児が経口的に摂取すると、腸内でボツリヌス菌が毒素を産生し、乳児ボツリヌス症を引き起こします。
乳児ボツリヌス症予防のため、1歳未満の乳児に、はちみつを与えるのは避けてください。
 
乳児ボツリヌス症については、以下の関連ファイルをご覧ください。
・「ハチミツを与えるのは1歳を過ぎてから」(厚生労働省ホームページ)
http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000161461.html

・ボツリヌス菌について(東京都福祉保健局ホームページ)
http://www.fukushihoken.metro.tokyo.jp/shokuhin/micro/boturinu.html

・乳児ボツリヌス症について(東京都福祉保健局ホームページ)
http://www.fukushihoken.metro.tokyo.jp/shokuhin/rensai/guide26.html

なんとすこやかタウン ログイン
南砺市 地域包括医療ケア部 健康課 保健センター