熱中症にご注意ください。

情報発信元:保健センター

こまめな水分補給と休息をこころがけましょう。

30度を超える日があったり、蒸し暑い日があったりします。
熱中症は屋外での活動中だけでなく、屋内にいても、寝ているときでもなることがあります。

熱中症とは

高温で湿度が高いとき、体内の水分や塩分のバランスが崩れたり、体温調整がうまくできなくなることで、体内に熱がこもり、急な筋肉痛やこむら返り、大量の発汗、吐き気や倦怠感などにつづき、重症になると意識障害などが起こります。
高温多湿

熱中症の予防には「水分補給」と「暑さを避けること」が大切。

◎こまめな水分・塩分の補給
汗が出たときだけでなく、少しずつ補給しましょう。赤ちゃんや小さなお子さんは症状やのどの渇きなどをうまく表現できないのでパパやママが気づいて飲ませてあげましょう。授乳をしているママが脱水になるとおっぱいの量が出にくくなります。ママも十分補給してください。

◎服装や身体を冷やす工夫
通気性の良い、吸湿・速乾の衣服を着用したり、保冷剤や氷、冷たいタオルなどで直接冷やすなど体温の調節に気をつけましょう。

◎熱中症になりにくい室内環境
扇風機やエアコンを使って室内の温度を調整しましょう。
遮光カーテンやすだれ、打ち水など室温があがりにくい工夫をしましょう。

◎外出時の準備
外出するときは、日傘や帽子などを着用し、直接日光に当たらないようにしましょう。
日陰などを利用し、こまめに休みましょう。
ベビーカーやチャイルドシートの背面も熱がこもりやすいです。
地面からの照り返しの影響も見過ごせません。
照り返し

お願い

 
①暑さの感じ方は人によって異なります。
②小さなお子さんや高齢者は特に注意が必要です!
③まわりが協力して、熱中症予防を呼びかけあいましょう!
④節電を意識するあまり、熱中症予防を忘れないようご注意ください。

もし熱中症になってしまったら

 
1、涼しい場所へ避難
2、衣服を脱がせ、身体を冷やす
3、水分・塩分を補給・・・自力で飲めない、意識がない場合は、直ちに救急車!!
身体を冷やす2

厚生労働省「熱中症を予防リーフレット」
環境省 熱中症予防情報サイトはこちら

なんとすこやかタウン ログイン
南砺市 地域包括医療ケア部 健康課 保健センター