食中毒にご注意ください!

情報発信元:健康課 保健センター

~夏場は、細菌による食中毒が発生しやすい季節です~

食中毒に気をつけましょう!
夏場は、細菌による食中毒が発生しやすい季節です。細菌は温度や湿度などの条件がそろうと食べ物の中で増殖し、その食べ物を食べることにより食中毒を起こします。食中毒というと、飲食店での食事が原因と思われがちですが、毎日食べている家庭の食事でも発生しています。
乳幼児は病原菌に対する抵抗力が弱いため、食中毒になりやすく、症状も重くなりやすいという傾向があります。家庭での食中毒予防について正しい知識を持ち、毎日の生活の中で予防を心がけましょう。

家庭での食中毒予防のポイント

◎「付けない」
①指の間や爪の中まで、せっけんを使って念入りに手を洗いましょう。
・調理前、肉・魚・卵の調理後、トイレの後、食事の前などは必ず手を洗う。
②傷のある手で調理するときは、使い捨て手袋を着用しましょう。
③生の肉や魚を切った包丁やまな板で、野菜や他の食品を処理しない。使用後は清潔にしておきましょう。
④肉や魚などは清潔なビニール袋や容器に入れ、他の食品に肉汁等がかからないように保存しましょう。

◎「増やさない」
①食品は低温で保存しましょう。
・生鮮食品などは、購入後すぐに冷蔵庫に入れ、庫内容量の7割程度を目安に詰めすぎない。
②作った料理は早めに食べましょう。
・温かい料理は常に温かく(65℃以上)、冷たい料理は常に冷たく(10℃以下)しておき、
長時間、室温に放置しない。
・冷蔵庫を過信せず、早めに食べる。

◎「やっつける」
①調理器具は清潔にしましょう。
・調理器具は、洗剤でよく洗ってから、熱湯をかけて、乾燥させる。(特に肉や魚介類、卵を使った後)
・ふきん、タオル等は、よく洗って、乾かす。
②加熱調理は十分に加熱しましょう。
・食品の中心温度が75℃以上・1分間以上の加熱が目安。
③温め直しは、沸騰するまで加熱しましょう。

食中毒はこれらの方法を守れば予防できます。それでももし、お腹が痛くなったり、おう吐や下痢の症 状が出た場合は、早めに医師に相談しましょう。

<参考URL> 食中毒|厚生労働省
http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/shokuhin/syokuchu/index.html

手洗い親子

なんとすこやかタウン ログイン
南砺市 地域包括医療ケア部 健康課 保健センター