予防接種の準備<生まれたら>

情報発信元:健康課

生後2か月になったらすぐに接種をはじめましょう。

どうして生後2か月なの?
生後2か月に接種できるのは「ヒブワクチン」と「小児肺炎球菌」です。この2つは細菌性髄膜炎を予防するためのワクチンです。細菌性髄膜炎は3~4か月頃の赤ちゃんがかかりやすいため、生後2か月から接種して免疫をつけておく必要があります。この予防接種が実施されるようになってから、細菌性髄膜炎はほとんど見られなくなりました。

準備3
医療機関に予約しましょう。

医療機関によっては、病気のお子さんとの接触をさけるために予防接種の曜日や時間帯が決まっている場合があったり、ワクチンの予約が必要な場合があるので、早めに問い合わせてみましょう。
市内指定医療機関はこちら

準備4
予防接種予診票を確認しましょう。

お子さんが生まれた月の翌月末に予防接種予診票つづりを保健センターから郵送します。
つづりの中は、生後2か月~小学校入学前の年(年長)までに受けていただきたい定期予防接種の予診票です。予診票1枚1枚に接種券(左上に貼ってある個人情報が書かれたシール)が付いています。

予診票の問診項目をよく確かめてください。お子さんに該当する項目(アレルギーや熱性けいれん)等があったら、接種当日に必ず医師に相談しましょう。

冊子『予防接種と子どもの健康』を同封しています。予防接種を受ける前に必ず読んでください。

※任意予防接種(ロタウイルス、おたふくかぜ、インフルエンザなど)は接種費用が必要です。
※『子育て応援券』はおたふくかぜとインフルエンザの予防接種に使えます。(県内で接種した場合のみ)

接種当日の準備はこちら→予防接種の準備<接種当日>

なんとすこやかタウン ログイン
南砺市 地域包括医療ケア部 健康課 保健センター